運動会であると便利な物は?ママにも持ちやすいあって良かったアイテム17選

 

子どもの運動会、あると便利な物ってなんだろう?と出かける前に思う事ってありませんか?

 

これで準備OKだ!と思って行ってみると、あれ?これ足りないぞ。とかこれを持ってくれば良かった。などいろいろ思うことが出てくるはず。

 

 実際に子どもの運動会に行って、ママにも持ちやすかった便利アイテムを紹介したいと思います。

 

運動会の準備に役立ててもらえればと思います(*^-^*)

 

 

 運動会を観戦するのに便利なアイテム

運動会を観戦するにあたり、子どもを応援する側も休憩場所が必要になります。親としては子どもの頑張っている姿をぜひ見たいですよね。日差しも強いので、休憩を取りつつ無理なく観戦したいものです。

 

快適に過ごしながら子どもの応援ができるよう、忘れずに持っていきたい物ばかり。運動会の前日までに準備できるものは用意しておきましょう。

レジャーシート

・折り畳んで肩掛けができる!持ち運びしやすいレジャーシート

 レジャーシートはどの場所でもすぐに広げて使えるため、手軽に休憩場所が出来上がります。厚手のレジャーシートを使えば、砂ばかりのグラウンドに敷いて座っても砂のゴツゴツ感が気にならず、快適に過ごせます。

ちなみに、200×200cmのサイズでは6~8人が座れるようです。色も様々なバリエーションがあるので好みのデザインを選んでみるのが良いですね。

 

裏面が アルミになっているタイプのものは、保温性があるのでおしりが冷えにくく温かいです。

 

片付けの際も畳むだけなので手間がかからず、すっきり収納できます。

 

テント

・ワンタッチで簡単。軽量テント

 運動会といえば、長時間外で過ごします。朝9時から始まって、終わりは午後3時となると約6時間はずっと外にいることに。太陽の日差しが気になりますよね。軽量のコンパクトサイズのテントもあり、持ち運びしやすいです。

 

紫外線カット機能が付いたテントもあるので日よけ対策にもなります。それとテント内に入ることで、人目を気にせず過ごすことができるのも良いですね。

 

タープテント

・折り畳むと意外にコンパクトなタープテント

タープテントは風通しが良く、快適に過ごすことができます。紫外線カット機能もあり、日差しを遮ります。タープテントを組み立てると結構高さがあり、広々とした日陰の空間が出来上がります。持ち運びの際は、折りたたんで付属の専用バックに入れるとスッキリサイズになり、片手で持って運べる大きさになるんです。

 

運動会当日、タープテントを設置して良い場所高さの制限があると思うので確認が必要です。 

 

折りたたみイス

・足を伸ばして座りたい!軽量型折りたたみイス

 

 立つことの多い運動会。背もたれのある折りたたみイスならば、足を伸ばしてゆったりと過ごせます。折り畳めてコンパクトにまとめられるので、持ち運びもしやすいです。軽量なので女の人も持ち運びがしやすいのが良いところ。

 

人数分あると、皆がゆったりと過ごせますね。

バスタオルやフェイスタオル

・汗を拭いたり敷物にも使える便利アイテム

タオルがあれば、レジャーシートやテント内での敷物として使えたり、汗を拭いたりと多様に使えます。暑さ対策に保冷剤をタオルで巻いて体に当てるという事もできますし、何かと大活躍するタオルです。

 

何枚かは忘れずに持っていきたい物です。

 

 ハンディータイプ扇風機

・コンパクトサイズの扇風機。収納もスッキリ

暑さ対策で大活躍間違いなしです!持ち運びしやすく、何より自分であおがなくても済むのが良いですね。日差しが強い中、うちわをあおぐだけで汗が噴き出してくるため、ハンディータイプ扇風機ならばその手間がありません。

 

コンパクトサイズなのでバックにすっぽりと入ってしまい、軽量サイズで運びやすいんです。そして自分好みに風量の調節も可能です。ちなみに連続使用時間の目安があり、写真のハンディータイプ扇風機は約8.5時間(弱)~3時間(強)となっています。使用する風量で連続使用時間が変わってしまいますが、それでも長時間稼働するのは助かりますね。

 

扇風機の風量を調節しながら電池の残りを調節し、念のために替えの電池を用意するのも良さそうです。

 

運動会で外にいる時間は長いので、暑さ対策にぜひ持っていきたいアイテムです。

食事に便利なアイテム

暑い外でもおいしくお弁当を食べたい!みんな楽しみ昼食タイムです。

 

早起きをして子どもの好きなおかずをたくさん入れたお弁当、お腹いっぱい食べてもらえると嬉しいですよね。しかし炎天下にお弁当を置いているとお弁当が痛んでいないか少し気になったり。

 

運動会の話をしながら家族みんなでおいしく食べられるようにどういったものを用意すればいいのかまとめました。

 クーラーボックス

・見た目かわいいクーラーボックス。ママも持てる肩掛けベルト付き

 お弁当や飲み物を冷やしておくのに欠かせないアイテムです。写真のクーラーボックスは15L2~3人用となります。350ml缶が22缶500mlのペットボトルが15本入る大きさになります。

 

ハードケースタイプなので、中にお弁当を入れている場合、潰されることが無く安心して運べるんです。お弁当や飲み物を保存しておくには欠かせないアイテム。しかも、 運動会の会場に出店や自動販売機があったとしてもすぐ売り切れたり、長い列に並ばなければならないので、前もってジュースやお茶など、家族が飲みたい物を入れておくのがおすすめです

 

おしぼり、ウエットティッシュ

・ご飯を食べる前には手を拭きましょう。おしぼりやウエットティッシュ

午前中の演目を終えての子どもとの昼食。子どもの手は、なんかも付いているかもしれません。そのため、お弁当を食べる前には拭いておきたいですね。そして食事中は、手や口を汚しやすいと思うのでおしぼりウエットティッシュが必要になってきます。

 

サンドイッチやおにぎりなど、手に持つ食べ物の場合も汚れやすいため、用意しておきたいアイテムです。 

 

ハンディーテーブル

・折りたためて軽量なんです!カップホルダー付きハンディーテーブル

レジャーシートやテント内で食事をする際テーブルがあると便利です。料理も取りやすくなり、シートに直に置くという事もなくなるので衛生面でも安心です。  テーブルがあることで、料理を足にひっかけてこぼすという事もなくなります。

 

しかもカップホルダーがテーブルについているため転倒防止になり、こぼれた飲み物で敷物が大惨事にならずにすむんです。それとカップホルダーの横に袋をつけられるフックがついているので、袋が風で飛ばされることもありません。

 

 折りたためてコンパクトになるため、車の荷台のすき間にも入ります。重さ約1kgで軽いので、持ち運びしやすいです。

 

紙皿、紙コップ、フォーク、割りばし

・お弁当はみんなで取り分け。かわいい紙皿で食事をおいしく♪

紙皿があればお弁当のおかずの取り分けができます。使用後はゴミ袋にまとめて帰れるので荷物がかさばることなくスッキリします。紙コップ、割りばしも昼食時には必要な物なので忘れずに持っていきたいですね。 

 

まだお箸を使うのが苦手な子はフォークがあると食べやすくて良いと思います 。

 

ゴミ袋

・ゴミはお持ち帰りなので必需品です

食べた後のゴミをまとめるに必要です。それと、使用後のレジャーシートには落ちきれないで残った砂がついていたりするので、レジャーシートを入れる大き目なビニール袋があると便利です。 

 

 ティッシュ

・汚れたところがあった時さっと取り出せるように

 手や口が汚れた時にあると便利です。子どもの口まわりや鼻を拭いたりする時にも、ぜひ持っていたいですね。

 

 ポケットにティッシュを入れておけば急に必要になった際、荷物置き場まで行く事なくすぐに使えるので常備することをおすすめします。

子どもの活躍を記録するのに便利なアイテム

年に一度の子どもの成長を確認できるイベントです。その記録として、しっかりと形に残したいですよね。パパとママが使いやすい物だと、どちらかが親子競技に参加してる際、代わりに撮影をすることもできます。

 

我が子のかわいい姿をぜひ残してあげてください(*^^*)

カメラ類

・子どもの成長を記念に残しましょう!

 子どもの頑張っている姿を動画や写真で収めれば、運動会に行けなかったおじいちゃんおばあちゃんに見せることもでき、あとで子どもと一緒に見返す事もできます。 子どもの成長を記録に残すために、必ず持っていきたいアイテムです。

 

パパやママが交代で使えるように、軽量でコンパクトなビデオカメラが良いですね。また、遠くにいる子どもを撮影するのにズームをした際、手振れ補正してくれるビデオカメラがおすすめです。すぐ近くで子どもの競技を撮影できればいいですが、子どもがどこにいるのか探すのが大変な運動会。ズームをした時も手振れ補正してくれるカメラは後で見返した時にとても見やすいです。

 

そして運動会は結構バッテリーを消費するので、前日までに充電をしておきましょう。

三脚

・ママも使いこなせます!これがあれば画面がブレずに撮影可能

ビデオカメラで撮影する際ずっと持っていると手がブレて、後で見返した時に画面が揺れて見づらいものになってしまった。という事になるかもしれません。 また、三脚にビデオカメラを固定していれば、片手で簡単に子どもの姿を追うことができ、後で見返した時に見やすくなります。 

 

ただし、三脚を使った撮影場所の指定があると思うので事前に確認しておくことをおすすめします。 

 

その他あると便利なアイテム

これもあったほうが便利!というアイテムです。少しでも運動会を快適に過ごせるようにぜひ用意してください(*^^*)

日焼け止め

・長時間の屋外は紫外線が気になる。家族で使える日焼け止めクリーム

日差しが強い外に約6時間も過ごす運動会。大人も子どもも日焼けが気になりますよね。肌が弱い子もいると思うので、ぜひ日焼け止めを使いたいところ。写真の物は親子で使える日焼け止めクリームなのでこれ1本 あれば家族で使えます!

 

しかも石鹸で簡単に落とせるので、子どもの敏感な肌にも安心して使えます。 

 

 帽子

・暑さ対策に。紫外線もカットできます

 日よけ対策には欠かせないアイテムです。長時間外にいると、暑さ対策をしなければなりません。グラウンドは日当たりのいい場所ばかりなので帽子は必需品です。

 

 紫外線もカットでき、折りたためる物もあるので使わない時はバックの中に入れたりと手軽に持ち運びができます。

 

 キャリーカート

・大量の荷物を一度に運べます!ママでも引っ張りやすいです

これがあれば、どんなに荷物があってもへっちゃら!というくらい荷物がたくさん入ります。駐車場から運動会が行われる校庭まで荷物を運ぶのに、キャリーカートがあればラクラク1回で運び終えます。 

 

テントや折り畳みイス、重量のあるクーラーボックスを運ぶにもすっぽり入ってしまうので重宝します。 しかもキャリーカートの荷台に荷物がたんまり乗っていてもママでも引っ張っていけてしまいます。

 

荷物の持ち運びで何往復もすることにおさらばです! 

 

運動会であると便利な物 まとめ

運動会は日差しが強い屋外で長時間行われます。応援する際は暑さ対策をしっかりして観戦しましょう。年に一度の子どもの成長を見られる貴重な場です。ビデオカメラなどでしっかり記録を残し、家族みんなの良い思い出になるように運動会を楽しみましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!