子連れ公園ピクニック 持っていくと便利なものは?【春夏秋冬】別まとめ

こんにちは、2児のママchocononです。

子ども連れのピクニック。

天気も良いし、子どもを連れてピクニックに行こうか!

でも実際どんな物を持っていくと良いのか迷ったりしませんか?

思ったものを準備して実際に行ってみたら『これがあったら良かったなぁ、持て来ればよかった!』なんていう出来事もありました(^-^;

そこで実際にピクニックに行ってみてわかったどの季節でもピクニックへ行く際に必要な物と、季節ごとにあると便利な持ち物をまとめました。

参考にしてもらえると幸いです(*^^*)

スポンサーリンク

子どもとのピクニック何歳ごろから行ける?

離乳食が完了していれば子どもとピクニックに行けると思います。

年齢が低いうちは子どもから目が離せなかったりでママも大変かとは思いますが、お日さまの下で過ごす時間はいつもと雰囲気が違って子どもも楽しいのではないでしょうか。

それと、外で食べるお弁当だとなぜか普段食べない食材を食べてくれたりもします

不思議なものですね(*^-^*)

気候に合わせて子どもとのピクニックを楽しんでみてください♪

スポンサーリンク

ピクニックに必要なもの

どの季節にピクニックへ行っても必要な持ち物をまとめました。

子ども連れだと結構用意するものがあるんですよね(^-^;

・お弁当
・水筒
・子ども用のお菓子
・バスケット(保冷バック)
・お箸、スプーン、フォーク
・紙皿
・お食事エプロン(子どもの年齢に合わせて)
・輪ゴム(子どもがお菓子を残した時に封をするため)
・ゴミ袋
・レジャーシート
・手口拭き用ウェットシート
・手の消毒用 アルコールジェル
・タオル(こぼした時に拭くため)
・バスタオル(子どもたちが座る所に敷くため)
・ハンカチ
・ティッシュ
・子どもの着替え(オムツ、おむつを捨てる袋)
・肌寒い時用のひざ掛け
・バンドエイド
・遊び道具
・テント(あると便利)
・キャリアカート(あると便利)

ピクニックへ行く時の準備の参考にしてもらえると幸いです(*^^*)

ピクニックでの遊び道具

広い公園へピクニックへ行ったらぜひ持っていきたいのが『遊び道具』。

遊具のある場合はそこで遊ぶのも楽しいですが、持ってきたものでパパやママと一緒に遊ぶのも喜んでもらえますよ。

・ボール
・シャボン玉
・フリスビー
・凧揚げ
・なわとび
・バトミントン

公園の広さ・周りに人がいないか確認して遊んでみてください(*^-^*)

一緒に遊ぶと子どもが本気になって挑んできてくれたりします(笑)

ピクニック 季節

どの季節でも公園で楽しめるピクニック。

気候的に一番ピクニックに行きやすいのは春と秋でしょうか。

夏と冬の場合は服装の調節が必要になるので天気予報をチェックして気温の確認をしておくのがいいですね。

春のピクニック

一番ピクニックがしやすい季節です。

過ごしやすい気温で、季節の花が咲き乱れてウキウキ気分になったりも(*^-^*)

走ったりすると暑くなるので、脱ぎ着きしやすい服装がおすすめです。

桜やチューリップ、菜の花と一緒に写真を撮るのも良いですね

意外と日差しも強いので、帽子日傘日焼け止めクリームがあると便利ですよ。

赤ちゃん連れや子どもと一緒だと日差し虫よけ対策もしたいところ。赤ちゃんから使える天然由来成分のミストがあるので気になる方は下記公式サイトで確認してください(*^-^*)

〉〉白浮きしない+お湯で落とせる【アロベビー UV&アウトドアミスト】

・カメラ
・帽子
・日傘
・日焼け止めクリーム

夏のピクニック

日差しも強く、気温も高い夏のピクニック。

熱中症に気をつけながらなるべく木陰で過ごしたいところです。

そして夏といえば公園の小川や、じゃぶじゃぶ池に入ることもあるかもしれません。

その場合は着替えやクロックスバスタオルなどの準備も忘れずにしていきましょう。

テントがあると濡れた後の子どものお着替えがしやすく、おススメですよ(*^-^*)

水分補給はこまめにしましょうね。

それと蚊対策に虫よけスプレーもしておきましょう。

〉〉白浮きしない+お湯で落とせる【アロベビー UV&アウトドアミスト】

・帽子
・日傘
・ビーチサンダルやクロックス
・水着
・水遊び用オムツ
・バスタオル
・手動または自動の扇風機
・日焼け止めクリーム
・テント(あると便利)
・子どもの着替え
・網・バケツ(川遊びをする場合)
・虫よけスプレー

秋のピクニック

気候が夏から秋に変わっていく季節。

まだ暑かったり、意外に風がひんやりしたり。

天気予報をチェックしてその日に合わせた服装にしましょう。

少しひんやりする日はひざ掛けがあると助かります。

まだまだ蚊も出やすい季節なので虫よけスプレーも忘れずに。

お弁当を食べる時、レジャーシートの上に座るとひんやりするかもしれないので携帯用の座布団があるといいかもしれません。

・羽織れる薄手の長袖
・気温によっては温かい飲み物
・虫よけスプレー
・ひざ掛け
・携帯用座布団
・網、虫かご(虫捕りが好きな子に)

冬のピクニック

じっとしてるだけでも寒い冬のピクニック。

暖かい服装で行きましょう。

そして温まる飲み物があると体がポカポカするため、ぜひ持っていきたいところ。

ホッカイロもあるとより暖かくなって良いですね。

子どもには手袋があると良いかもです。

風邪を引かないように防寒対策はしっかりしましょう。

・温かい飲み物
・カイロ
・手袋
・携帯用座布団
・ひざ掛け

ピクニックであると特に便利なグッズ

ピクニックの際、持っていると結構役立つ便利グッズをまとめました。

ピクニック以外でも使える場面があるアイテムばかりです(*^^*)

ピクニックテーブル

折りたためて持ち運びがしやすいとても軽いコンパクトなピクニックテーブル。

カップホルダーもついてるので、こぼれる心配もなし!

子どもとのお昼ご飯、お弁当を床置きにするとご飯や飲み物をこぼしやすいですが、テーブルがあるとお皿とご飯の距離が近くて食べやすくなります。

簡易的なものなのでテーブルに体重をかけると壊れやすいのが難点ですが、お弁当や飲み物をのせるには十分なほど。

家族でのピクニックにもってこいなテーブルです。

ピクニックバスケット

気温によってお弁当が痛まないか気になる時、持っていきたいのが保冷バック

お弁当と一緒に保冷剤を入れれば安心して持ち運びができます。

上記の保冷バックは、かごに見えるエコバック。

容量が大きく、使わない時はたたむことができるのでコンパクトに収納できます。

お弁当もペットボトルも入れられておしゃれななので、ピクニックにも持っていきやすそうです。

ピクニックシート

レジャーシートって結構地面のひんやり感が伝わってきますよね(^-^;

しかも石があったりするとゴツゴツして痛かったり…。

でも厚めのレジャーシートなら気持ち良く座れます。

せっかくのピクニック。広めなシートでストレスなく座わって楽しみたいですよね。

テント

ピクニックであると便利なテント。

この中で寝転がってゆっくりしたり、汚れた子どもの洋服交換もテント内でしやすいためとても重宝します。

組み立てしやすい・収納しやすいテントを選ぶのがポイントです。

物によっては出したのは良いけど畳みにくいとい物もありますからね(^-^;

キャリーカート

重くて大きい荷物、たくさんある荷物もキャリーカートがあれば1度で済んでしまいます

何度も往復して荷物を取りに行くのは大変ですからね。

しかも容量の大きいキャリーケースを選べばより多くの荷物が入れられます。

我が家も大容量のキャリーカートがありますが、力のないわたしでも引っ張って歩けます

1台あると便利なキャリーカートです(*^-^*)

まとめ

子どもと一緒に行く公園ピクニック。

持っていきたいものをまとめました。

季節ごとにも持っていきたい持ち物があるので、参考にしてもらえると嬉しいです(*^-^*)

家族で過ごす公園ピクニック。楽しんでくださいね♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました